全ての部屋から富士山が見える!『日本平ホテル』の絶景を楽しむ【レビュー】

富士山が見える日本平ホテル

富士山が見える日本平ホテル・部屋からの一枚

先日、静岡にある『日本平ホテル(にっぽんだいらほてる)』に泊まって来ました。

こちら、なんと、

全ての部屋から富士山が見えるホテルなんです!

Wow

もちろん天候によって富士山が見えない時もあります。ですが、晴れていれば全室から富士山が見える設計になっているようです。素晴らしい。

この日本平ホテル、前から気にはなっていたのですが、ちょっとお高い事もあって踏みとどまっておりました。

※大人1人あたり1泊の目安:19,100円~43,400円
JTB「富士山の見えるお宿」静岡県の旅館・ホテル一覧より)(2018年5月3日現在)

普通に泊まると結構しますよね。静岡までの交通費もかかりますしね。

ですが、昨年スイス・イタリア旅行に行った事でエクスペディアのポイントが結構貯まっていたので、それを使って今回は宿泊する事にしました。

⇒国内旅行でも便利!エクスペディアから日本平ホテルをチェック

そして今回、運よく天候に恵まれ、きれいな富士山を見ることが出来ました~

想像以上に素敵なホテルでしたので今日は日本平ホテルのレビュー、そして実際観光した静岡市のスポットについても書き留めておきたい思います。

1.日本平ホテル概要・静岡駅からのアクセス
2.日本平ホテルレビュー
3.気になる日本平まつり(花火大会)
4.静岡市をレンタカーで観光・おすすめスポット
  4-1:用宗漁港でしらす丼を堪能
  4-2:なかじま農園のいちごパフェが絶品
  4-3:三保の松原からの富士山が絶景

こんな感じで書いて参ります。

スポンサーリンク

1.日本平ホテル概要・静岡駅からのアクセス

日本平ホテル

庭園から撮った日本平ホテル

地上6階建てのホテルです。日本平自体が標高308mとなり、これはおよそ60階建てのビルに相当するようです。結構高い所にあるんです。

日本平ホテルの概要はコチラ↓

ホテル名:日本平ホテル
電話番号:054-335-1131
住所:〒424-0875 静岡市清水区馬走1500-2

新幹線で行く方は、JR静岡駅からレンタカー・タクシーで約25分です。
静岡駅から路線バス(JR静岡駅11番バス停より静鉄バス[静岡日本平線])だと約35分で到着します。

東海道本線の利用であれば、JR清水駅よりタクシーで約20分、JR東静岡駅よりタクシーで約15分かかります。

静岡駅と東静岡駅からはシャトルバスも出ているようです。
(シャトルバスの詳細はこちら:日本平ホテル・シャトルバス時刻表

※アクセスの詳細は「日本平ホテル・交通アクセスページ」でも紹介されています。

今回私たちは静岡駅近くのオリックスレンタカーを使用することに。他にも色々観光するなら静岡市の場合はレンタカーが便利です。

⇒レンタカーの比較はじゃらんレンタカーがおすすめ。

2.日本平ホテルレビュー

日本平ホテルまではうねうねした山道を登っていく事になります。

日本平ホテルまでの山道

日本平ホテルまでの山道

うねうね道は10~15分程だったと思います。緑が多くてこのホテルまでの道のりも楽しかったです。

そして無事に日本平ホテルに到着しました。

日本平ホテル

日本平ホテル入口

ホテルに入ってすぐ、大きな窓ガラスが目に入ります。一面が窓ガラスなので静岡の街を一望できます。

日本平ホテル フロントからの景色

日本平ホテル フロントからの景色

ここは「オールデイダイニング ザ・テラス」というレストランです。実際ディナーと朝食を頂きましたが、景色も良くて気持ちのいい時間を過ごせました♪

さて、チェックインを終え早速お部屋に移動します。基本、全ての部屋から富士山側が見える仕様になっているようです。

到着した時は曇り空の為、残念ながら富士山は見えなかったのですが、それでもこの景色には感動しました。

実際の部屋の様子がこちら↓

日本平ホテル 部屋から見える景色

日本平ホテル 部屋から見える景色

大きな窓、そしてきれいな庭園、静岡市の街並みを眺めることが出来ます。

これには夫婦2人で感動しました。部屋でゆっくり過ごしたくなるそんな空間です。

日本平ホテル ベッド

ツインベッド

ベッドに寝ころびながら景色を楽しむ事が出来ます。

ベランダにも出ることが出来るので、外の空気を感じながら景色を楽しむことも出来ます。

素晴らしいお部屋です。大満足です。

オールデイダイニング ザ・テラス

オールデイダイニング ザ・テラス

ホテルに来るまでに既に観光先で色々食べてきた私たち、夕食は先ほどの「オールデイダイニング ザ・テラス」でアラカルトで注文する事に。事前にフロントで席予約だけしておきます。

オールデイダイニング ザ・テラス

オールデイダイニング ザ・テラス

素敵なレストランですよね。写真右側が少し高い部分になっているので、窓側でなくとも素敵な景色が楽しめます。

オールデイダイニング ザ・テラス

レストラン上段?からの景色 うっすら暗くなってきました…

夜は軽めに。ニース風サラダ、オニオングラタンスープ、桜えびを使ったパスタ(ポモドーロ)を2人でシェアして食べました。

日本平ホテル ニース風サラダ

ニース風サラダ

ボリュームたっぷりのサラダで二人でシェアすると丁度良いです。

日本平ホテル オニオングラタンスープ

オニオングラタンスープ

玉ねぎの甘みが出ていて美味しかったです。

日本平ホテル パスタ

パスタ・桜えびを使ったポモドーロ

パスタは桜えびとしらすのトッピングを選ぶことが出来ます。見た目以上にさっぱりと食べれました。トマトソースのパスタです。

その後はせっかく景色の良いホテルに来ているので、最上階にあるバー「アッパーラウンジ」へ移動しました。

日本平ホテル アッパーラウンジ

アッパーラウンジ

すでに外は真っ暗です。最上階の6階にあるこちらのバー、まだ人も少なかったのでゆったりとソファーで夜景を楽しむことが出来ました。

日本平ホテル アッパーラウンジ

アッパーラウンジからの夜景

きれいな夜景をゆっくり堪能できます。

普段はあまり飲まないカクテルで乾杯。

日本平ホテル アッパーラウンジで乾杯

アッパーラウンジで乾杯

アッパーラウンジ、こちらもおすすめです。

そして、一番感動した景色は部屋から見たこの瞬間でした↓

日本平ホテル 朝の富士山

部屋から見えた朝の富士山

朝5時前頃だったと思います。

朝もやがうっすらとかかる中、富士山が顔を出します。

天気に恵まれました。部屋からこの眺めを見れるのがこのホテルの醍醐味ですね。

日本平からの富士の眺望は日本観光百選の第1位に選ばれているようです。

日本平ホテル、富士山や夜景を楽しみたい人にはおすすめのホテルです。

3.気になる「日本平まつり」(花火大会)

そして、気になったのが「日本平まつり」です。昨年2017年には7月26日に実施されたようですが、毎年やっているのでしょうか。。

どうやら日本平ホテルの庭園で1万発相当が打ち上げられるようです。

通常の夜景でも十分きれいだったのにここに花火も上がるとは。一度は観てみたいです。

公式のこのページが今後更新されるのだと思います↓

日本平の夜空を大輪の花火が飾る「日本平まつり」開催情報

4.静岡市をレンタカーで観光・おすすめスポット

さあ、最後は静岡市観光で「楽しかった・美味しかった・また行きたい」そんな思い出の場所をさくっとご紹介。

用宗漁港「どんぶりハウス」でしらす丼を堪能

用宗漁港・どんぶりハウスの用宗丼

用宗漁港・どんぶりハウスの用宗丼

写真は用宗丼(生シラス+漬けマグロ)です。お味噌汁も付いてきます。

平日でしたが結構たくさんの人で賑わっていました。

静岡駅から車で約20分と近いです。

漁協直営どんぶりハウス どんぶりハウス
住所:静岡県静岡市駿河区用宗2丁目18-1

なかじま農園のいちごパフェが絶品

中島農園のいちごパフェ

なかじま農園のいちごパフェ

用宗丼を食べた後でしたが、美味しくてペロッと食べれてしまいました。

店内は混んでいました。人気みたいですね、少しだけ待ちました。

とにかく苺が美味しい!

人気なのもわかります、美味しいです。価格もこのクオリティに対して良心的な価格です。静岡旅行する事があればまた来ることになると思います。ここはお薦めです

農園カフェ
住所:静岡県静岡市葵区羽鳥本町11−21

ちなみに、ワッフルも食べましたが甲乙つけがたいほどこちらも美味しかったです♪

農園カフェの苺ワッフル

農園カフェの苺ワッフル

三保の松原からの富士山が絶景

日本平ホテルから車ですぐです。富士山を見るならここ。三保の松原は富士山世界文化遺産の構成資産に登録された場所です。

という事もあって、ここは海外旅行者の方も多くいました。

天気にも恵まれ、とてもきれいな富士山を見ることが出来ました。

三保の松原

三保の松原

三保の松原 駿河湾

三保の松原 駿河湾

天気が良いと、富士山・駿河湾の絶景を楽しめます♪

三保の松原
住所:静岡市清水区三保

いや~静岡って良いところですね!東京からも近いのでまた行きたいと思います。

以上、日本平ホテル、そして静岡観光スポットのご紹介でした。

これから旅行先として検討している人はぜひ参考にしてみてください。

ではでは~

貯まったエクスペディアのポイントは国内旅行で使おう!

日本平ホテルをエクスペディアでチェック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする