結婚して見直したこと6「自分を大切にする」

sonming4 / Pixabay

以前の私は仕事や人付き合いで周りに流されたり、遠慮してしまったり。そんなことが多かったです。

ですが、ちょっとだけ自分を大切にするように意識を変えてから、ストレスフリーな生活を送れるように変わったんじゃないかなと実感しています。

ちなみに、自分を大切にする、ということは単に自分勝手に生きるというよりも、

自分が大切にすべきことを大切にする

という感覚に近いと思います。

結婚すると将来のことや自分自身の理想などについて夫婦で話すことが出てきます。

その過程を経て、お互いのことをさらに深く知れましたし、私自身、自分が大切にすべきことが鮮明になり、自分自身の知らない一面を知ったりもしました。

最近では物事を決める時に迷うことが減りましたし、自然と周りの目線をうかがうようなことも減りました。なんだか昔よりも色々な場面で近道を選べている、そんな感覚です。

強力な味方ができて気持ち的にも少し強くなれたのかもしれません。

スポンサーリンク

他人の価値観の中で生きることをやめてみる

「すべての悩みは対人関係の悩みである」

コチラは以前の記事でも少し紹介した「嫌われる勇気」の中で書かれていた一説、心理学者アドラーの言葉です。

(ちなみに以前の記事はコチラ↓)

結婚して見直したこと4「行きたくない飲み会は断る」
結婚して色々なことを見直す機会が出てきましたが、人付き合いもそのうちの一つです。 独身の時は、一人暮らしという...

悩みとは全て対人関係によるものだ、と彼は説いています。

お金がないことや病気の心配は対人関係の悩みではないのでは??

という声も出てきそうですが、例えばお金がないケースで考えてみると、お金がないこと自体に人は悩むのではなく、

  • お金がないことで家族に迷惑をかけてしまうと悩む。
  • 周りの人と比べて貧困だ(もっと良い暮らしをしたい)と悩む。

と、誰かの為を思ったり他人の目を意識したところから悩みに発展しています。

病気に関しても同じです。病気になることで、

  • 家族に苦労をかけてしまうのではと悩む。
  • 仕事の仲間や客先に迷惑をかけてしまうのではと悩む。

と、これもやは周りの人を意識して悩みに発展しています。

このような解釈から、人の悩みは全て対人関係につながっている、と心理学者アドラーは説いています。

つまり、悩みのない生活をおくりたいのであれば、周りの目を気にしないことが重要になってきます。

この部分に関してですが、少しの意識でだいぶ気持ちが軽くなった実感があります。

というのも、冒頭でもふれましたが、わたし自身周りの評価や目を気にして良い人を演じてしまうことが多かったので、最終的に自分が疲れてしまったり、誰かを傷つけてしまうことがよくありました。

誰かの立場にたつことも大事ですが、そんな考えが先行すると本来の自分自身の気持ちを見失ったり言えなくなってしまうのです。

これは結局誰かの目を意識した生き方であり、他人の価値観の中で生きている、ということをこの本を読んで知りました。

他人の価値観で生きる人生。

意外とわたしと同じように誰かの価値観の中で生きてしまっている、という人も多いのではないでしょうか??

自分たちの価値観を知ること

Bergadder / Pixabay

結婚をしてから将来のことについて夫婦でたくさん話をしています

将来住みたい場所のことや理想の夫婦像、旅行のことや仕事のこと。

々と考えればきりがないですが、そんな中、これから生活をしていくなかで、どんなことを大切にしていくべきか、そんな根幹の部分について話す機会がありました。

「家族一緒に穏やかな生活をおくること」わたし達夫婦が大切にしていることはこんなシンプルなことだと思います。

わたしたちは意見がぶつかることも少ないと思いますし、ケンカもそんなにしません。

それは、二人がお互いの根底にある価値観を共有し、同じ方向を向いているからだと思います。

そして不思議なことに、仕事でもへんな気疲れするようなことは減りました。
(ストレスフリーとまではいきませんが。。)

これは、自分(自分たち)の中で優先すべきこと・大切にすべきことが以前より明確になったことと、他人ではなく自分たちの人生を大切にしようという想いから、「迷う」ということがだいぶなくなったからだと思います。

他人の目を気にせず、嫌われる勇気をもつということ。それは自分を大切にする勇気をもつこと。

その近道は「自分たちの価値観を知ること」にあると思います。

結婚生活をスタートされた方はぜひ、奥様・ご主人とお互いが大切にしたいことについてゆっくりお話しされることをお勧めします♪

ではでは~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする