結婚して見直したこと5「格安SIM楽天モバイルに乗り替えて携帯代が劇的に安くなりました」

Unsplash / Pixabay

結婚して見直したことシリーズですが、一番費用的に大きかったのが携帯サービスの見直しでした。

元々SoftBankを使用し毎月10,000円程かかっていた費用が、楽天モバイルに乗り替えて2,100円くらいになりました!年間換算すると94,800円浮く事になります。

色々なことが出来るようになり便利になった携帯電話ですが、自分が本当に必要な機能を見直し、いらないものは削る。

人によっては格安SIMを上手に使うことで携帯代を劇的に安くできると思います。

  • 格安SIMってなんだろう?

こちらのサイトで、格安SIMやMVNOの事について分かりやすく説明されています。良く知らないという方は参考になると思います↓

格安SIMカード 超入門ガイド:「格安SIMとは何か」からメリット・デメリット、種類と選び方、使える端末、注意点まで(appllio)

スポンサーリンク

パケット通信量を抑えて格安SIMへ移行する

「携帯代月に1万円って高くない?」

とだいぶ今更ながら疑問をもった私は、プランを見直すべくすぐに近所の携帯ショップへ行きました。

当時のプランはパケット定額制+無料通話が付いているホワイトプランというものでした。

パケットは7GBまで使えてそれを越えると速度制限がかかるというもの。

特別意識したことはなかったのですが、当時の私は毎月6GBくらい使っているので店員さんいわく「今のプランは妥当です!」とのこと。

しかし、気になったのがサービス内にある「パケット定額代:月5700円」という部分です。

いまどきネットは皆スマホ(ちなみに当時はiPhoneを使用)で使いますし、定額制だから安心、と多くの人がこのプランを選ぶように出来ていると思うのですが、パケット定額で既に5,700円ってやっぱり高い気がする。。

この通信サービスの部分を見直すことが費用を抑える近道なのでは、と思い、

「月々の通信量はどれくらいあれば適当なのだろう?」

このあたりを調べてみました。

月の通信量は3GB以下!

スマートフォンユーザーが料金プランを選ぶ際、自身の利用するデータ通信量を正確に把握することが非常に重要となりますが、調査によれば、月間平均通信量は3.53GBで、中央値が2.30GBとなりました。月間通信量が「~1GB以下」「~2GB以下」「~3GB以下」の合計で、約61%のユーザーが3GB以下の通信量に収まることとなります。

引用元:スマホ利用者の6割以上が、月間データ通信量3GB以下という調査結果(iPhone Mania)

こちらの情報はMM総研の情報が元になっているようです。

平均通信量は3.53GB、中央値は2.30GBとのこと。

結構少ないな~とも思ったんですが、2GBというのはネットサーフィンやLINE、メール等をする分には全くもって十分な通信量のようです。ただ、オンラインゲームや動画をよく見る人は越えてしまうとのことでした。

(家にWi-Fi環境があれば動画も特に気にせず見れます。)

我が家のネット環境は色々考えてBIGLOBEのポケットWi-Fi(WiMAX)にしています。
特別家でオンラインゲームなどをしないのでポケットWi-Fiで十分かなと。

⇒実際今の所全く不都合はありません。持ち運びも出来て便利です。

追記:結婚して見直したこと9「ネット通信をBIGLOBEのWiMAX 2+にしてみた」で詳しく書いています(2016.12.11)

ということで、当時利用していたのはこのSoftbankの携帯プランですが、「自分にとって不都合はないですが、最適なプランでもなかった」という事がわかりました。

そして本格的に格安SIMについて調べることになります。

格安SIMサービスは各社さまざま 楽天モバイルはバランス型!?

格安SIMの詳細は先程載せたサイトにも書かれているので割愛します。

※ちなみに格安SIMって正式名称は「仮想移動体通信事業者(かそういどうたいつうしんじぎょうしゃ)」とか、英語表記だと「MVNO」とか言うようなんですが、このまま格安SIMで書いていきますね。。

格安SIMは、会社別でサービスだったり通信量別に細かくプランが分かれているのと、電話も無料通話分が無く、基本的にはかけた分だけ費用が発生する、というのが特徴です。

5分以内ならかけ放題といったオプションサービスを出している会社も有ります。

 →楽天モバイルにもありますが私は加入してません。

さらには店頭販売もしていないので人件費が大きく削減できているようです。

追記:楽天モバイルの販売店が増えて来ていますがまだ価格は当時のままです(2017.7.23)

色々とネットで各社のサービスを見比べたり、それぞれのサービスを実際に使用している人のブログをみたり情報収集にあたりました。

そして、電波の良し悪し、通話サービスの有無、価格、評判などをみて楽天モバイルに決めました。

楽天モバイルは特別何かが特化しているわけではなかったのですが、総合面での評価が高かったです。

あとは「普段楽天市場や楽天カードを使用するユーザーにはポイントの優遇がある」というメリットもありますので、楽天ユーザーは結構メリットが多いと思います。

※私も楽天カードユーザーです。

実際に使ってみて・・・

「月の通信量3.1GB+電話代」

このプランの基本料金が1,900円程度なのですが、電話代を入れてだいたい月2,100円程度で収まっています。

追記:現在でも変わらず月間2,100円前後で収まっています。(2017.6.10)

電話もかけた分だけ費用が発生すると思うと自然と節約しますし、メールやLINEでも十分対応できます。

結果、これまで6GBくらい使っていた私の通信量は先程の調査結果の通り今は2GB程度で済んでいます。

ネットも動画を外で観なくなっただけで他の検索・調べものは今まで通り。

(家ではWi-Fiを使用してHuluを観てます。)

通信が遅くてイライラするという事もありません。

ちなみに携帯端末はおサイフケータイ搭載のものに替え、モバイルSuicaを使うことにし、色々と快適になりました。

また、楽天モバイルに契約すると楽天市場での買い物はいつでもポイントが1倍プラスになります。

ということで、快適ながらも携帯代を年間約9万円安くすることができました!!

9万円って結構大きいですよね。早めに見直してよかったです。

具体的な切替方法は詳しいサイトが沢山ありますので、格安SIMに興味がある方は一度検討されることをお勧めします。

※その時々で各社のキャンペーン内容も変わっていますし、まだまだ格安SIM・MVNO業界は変化があると思いますので。私も定期的には見直していこうと思います。

楽天モバイルの詳細をチェック

各社サービスは様々。まずは適正通信量を見直すところから始めてみてはいかがでしょうか?

ではでは~

妻がドコモから楽天モバイルに契約変更(乗り換え)した話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする