「家事が出来ない女子はブスが多い説」改「家事ができる女子は気配り上手説」

こんにちは、一色ヒロミです。

皆さん最近テレビ観てますか?

我が家では気になるドラマとバラエティをちょこちょこ予約録画しておいて晩御飯の時に録画した番組を観て楽しんでおります。で、7/25(火)に放映された踊るさんま御殿で「ほうほう…」と感じる内容があったので今日はその件について書いてみます。

スポンサーリンク

7/25(火)放映回の番組内容

踊るさんま御殿は毎週火曜、夜7時56分から日テレで放送されるバラエティ番組。

毎回テーマに沿った色々なタイプのゲストが参加して、エピソードトークやらさんまさんのお話に笑わせてもらっています。

つい最近、7/25(火)放送回のテーマは「家事好き vs 家事ダメ女SP」。家事好きさんのこだわりトークに家事苦手女子たちがワーキャー言う内容でした。

この手のトークテーマは他の番組でもやってますが、あるあるネタも多いせいかいつ観ても面白いもんですね。

で、番組の中でたんぽぽの白鳥さんが話していた内容。結婚した友達に言われた話のようですが、
家事が出来ない女子はブスが多い
とのこと。実際白鳥さん本人もこれを言われて知人を思い浮かべたところかなりあてはまったとのことです。料理だけできる、もしくは料理できるアピールをする女子もブスが多いんだとか。
これを聞いて「確かに」と思ってしまった私です。(失礼)

具体的に誰かを思い出したとかではないんですけどね。全部が全部あてはまるわけではないですが、結構わかる部分もあるんです。

stevepb / Pixabay

家事ができる人と出来ない人は所作や品に差が出る

(何を偉そうに言っているんだ、という点は一旦置いておいて。)
当然とっても美人さんで家事が出来ないタイプの人もいるわけです。この時のゲストでも家事苦手グループのゲストにはモデルやタレントさんもいて美人揃いです。

でもさっきの話の「家事が出来ない人はブスが多い」、これは外見ではないその人の雰囲気や所作みたいなところに凄く出てくる気がするんです。。

家事が出来ない人は、

  • 部屋が汚れていてもそんなに気にならない
  • 普段誰も見ないし迷惑かからないから良い
  • 自分は平気

と、こんな感じの思考の人が多そうなイメージです。※後述しますが私も元々このタイプです。

特に問題はない

周りに迷惑をかけているわけではない

自分はものがどこにあるか把握できている

本当にやばくなったらちゃんとやる

散らかっても多少のことでは死なない

注意:実体験を元にしたイメージです。

それに対して家事好きor家事が出来る女子は、

  • きれいな状態の方が気持ちが良い、好き
  • せっかくならきれいにしたい
  • どうせなら清潔に保ちたい

こんな感じ。きれいにしたり掃除することで、その先の生活がより良くなることを想像して行動している気がします。

※たまにどうしてもきれいな状態じゃなきゃ嫌だ・落ち着かないという潔癖タイプの方もいますが。

ということで持論ですが、前者は性格的に目の前のことや自分の事を中心に考えるタイプ。それに対して後者は未来のことや周りの事が考えられる(気配り上手)タイプが多いのではないかな~と。

結婚して徐々にきれい好きになりました

私も結婚する前はギリギリまで部屋を散らかすタイプでした。モノは少なかったり洗濯は好きだったり料理もたまにするので、自分では家事はするほうだと思ってましたが、独身時代の部屋は結構散らかってましたね。。台所のシンクとか、風呂場とか、トイレとか。。

洗濯もどうせ着るからと基本干しっぱなしだったり。。

そんな風に振り返ることができるのも、今は妻が毎日家をきれ~いに保ってくれているおかげです(*´∀`)

本当にいつも快適で、きれいで清潔な環境にいることで、最近では私自身も使ったものはもとの位置に、いらないモノは都度捨てる、など些細なことですが妻に引き寄せられるように変わってきている気がします。(本当に少しですけど)

ということで、結婚相手にするなら家事上手な人が良いのかも?しれません。

まとめ

家事が出来ない女子はブスが多い

家事上手な女子は未来思考で気配り上手が多い

ま、何のデータもないんですけど。

最後ただの妻自慢みたいになりましたが、今日はこの辺で。

ではでは~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする