スマホゲームは百害あって一利あり⁉

Pexels / Pixabay

今日はスマホアプリのゲームについて色々思うことをつらつら書いてみます。

結婚する前はちょくちょくゲームアプリをダウンロードして遊んでました。主要なゲームは一通りやっていたと思います。

パズドラ
ぷよぷよ
魔法使いと黒猫のウィズ
キャンディークラッシュ
ツムツム
ポケモンGO

等々。どれも無料ですし、どんな要因で流行っているのかな~とか気になって試しにダウンロードして遊んでみる、そんな感じです。実際そこまで凝り性でもない私は早くて1日、長くて1ヶ月あたりで「これやっぱり時間の無駄かも!!」と突然飽きてアプリをアンインストールしていました。ただのミーハーユーザーだったとも言えます。

スポンサーリンク

スマホゲームアプリは課金構成がどれもそっくり

スマホゲーム会社ってヒットしたら儲かるんでしょうね。TVCMもいつからかアプリゲームのものが目立っています。そしてゲームをして思ったのは、どのゲームもゲームの課金構造自体が酷似しているなーということ。課金までの動線やスタミナ回復の行程はどのゲームもかな~り似ているように感じました。違うのはイラストや項目名くらい。課金パッケージモデルというものが確立されているのでしょう。

人気ブロガーさんのアフィリエイト構成やサイトの設計が似ているのと同じ感覚です。やはり売れる(課金させる)仕組み、見せ方というものがあるのでしょう。

もし自分が高校生だとして、周りの友達が課金してゲームをどんどん先に進めてしまったら、自分も早く追い付きたいが為にお小遣いで課金しちゃうのかな、なんて思います。今の親御さんたちはITやゲームについて自分の子供たちにどんな教育しているのかとても興味があります。子持ちブロガーさんのこの辺のネタがあれば読んでみたいですね。

結婚してから自然と脱ゲーム生活へ移行

結婚してから特に生活を見直したわけでもないんですが、全くスマホゲームをしなくなりました。タバコも結婚する前あたりから辞めて今に至りますが、割とピタッと辞められたのは結局どちらも自分にとってそこまで必要なことではなかったのでしょう。

仕事終わりも休日も、基本的に夫婦二人で過ごすことがほとんどなので、ゲームで暇つぶしする、ということがなくなりました。我が家は時間があれば二人で一緒に何かすることが多いです。片方だけが携帯に夢中になる、ということがあまりないです。

スマホゲームの中毒性は今思うと凄い危険

アプリのゲームって無課金でも最初は半日から1日くらいぶっ通しでできちゃうんですよね。これが本当に不思議。カードやキャラクターを育成するようなゲームは、「初回限定特典!!宝石20個無料でプレゼント!」みたいな感じでガチャがたくさんできたり。そしてだいたいレアカード的なものを簡単にゲット出来ます。一番最初にガチャとレアカードをゲットする体験を無料で提供する仕組みです。

パズル系も序盤は簡単だからライフを削らずどこまでも進めたりします。

いやー、あの最初の部分で一気に中毒にさせちゃおうという魂胆なのでしょう。良くできてます。昔は休みの日に暇潰しでダウンロードして、気づいたら夜だった、みたいな事もありました。あとは寝る前もギリギリまで没頭してしまったり。ゲームにはまってしまうと、時間があっという間に過ぎてしまうし、はまり過ぎると目や身体も悪くします。はまり過ぎは良くないですね。

課金は結局経験しませんでしたが、予算内であれば娯楽なので問題ないと思います。問題は私も経験がありますが1日ぶっ通しでやってしまう、というあの中毒性ですね。ゲームの終わり時も見失いやすいので、アプリのせいで寝不足に、なんて人も多いでしょう。自分の精神力が試されます。

唯一のメリット・スマホゲームはストレス解消になる!?

そんな百害あって一利なし、のようにみえるスマホゲームですが、唯一良いところをあげるなら、「無心になれる」という点でしょうか。この無心になる、ということはストレス発散の観点では良いことみたいです。ゲームをしてる瞬間は仕事とか人間関係とか、ストレスの原因になりそうなことを一時的に忘れることができます。なのでリラックスする為のツールになり得るのかな、とも思います。

これに関連して私の義理の祖母の話ですが、妻から聞いた話ですがたまーにパチンコをするみたいなんですね。そんなイメージのない人(キャラ)だったので、「なんでパチンコ?」と話を聞いた時は少し驚きました。で、その理由を聞くと、

「パチンコの玉に集中しているとその時だけは無心になれるから」

とのことです。なーんにも考えない状態を作るのにパチンコは最適みたいです。リターンを求めてはまっちゃうと出費がかさみそうですが、ストレス解消に少し時間潰しするのは良いかもしれないですね。ということで、スマホゲームも気分転換だったりストレス発散のツールにはなり得るのかな~とも思います。

ただ、スマホゲームもストレス解消に使うつもりが、逆にゲームの方に支配されてしまいどっぷり浸かってしまう、という危険性があるのも事実。後で失った時間やお金(課金分)を後悔することになるので注意は必要ですね。実際、ストレス発散方法として「買い物」をあげる人もいますが、これはあまり良いことではないみたいです。買い物をしている時はすっきりして楽しいですが、衝動買いの場合は時間が経ってから「なんでこんなの買ったんだろう?」と罪悪感を感じてしまい、結果新たなストレスを生んでしまうこともあるんだとか(情報元:2013年5月11日に放送された「世界一受けたい授業」より)。

これ私も何度か経験あります。(え、この服なんで買ったんだろう、みたいな)

という事でスマホゲームもはまり過ぎにはご注意下さい。

最後に、、ストレス解消には「読書」が良いみたいです

Pexels / Pixabay

またまた「世界一受けたい授業」からのネタですが、ストレス解消には読書が良いみたいです。読書に夢中になって現実世界のことを忘れてしまい、ストレスが解消されるようです。バラエティ番組や漫画に没頭するのも良いらしいです。

最近本読んでないな~と思い、久しぶりに本屋に寄って今話題の「ちょっと今から仕事やめてくる」を買って読んでみました。爽やかにサクッと読めて面白かったのでお薦めです。働き始めた20代前半のあの頃を思い出します。(自分も結構ブラック企業体験したな~(遠い目))

と、最後話が脱線しましたが、今日はスマホゲームについて思うことでした。ストレス解消になるかも?と書きましたが、あまりはまり過ぎないように気をつけて下さい。

ではでは~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする