結婚して健康への意識が変わった話/姿勢と歩き方は健康の基本

結婚して見直したシリーズです。

結婚すると、これまで以上に自身の健康について気を遣うようになりました。

独身の時とは意識が変わります。

このブログでも以前書きましたが、我々夫婦が大切にしていることはコチラ↓

“本当の意味での豊かな暮らしを目指して、気持ちよく生きる。”

“家族一緒に過ごす時間を一番大切にする。”

これを叶えようと思うと、やっぱりまずはお互いが健康でないといけないんですよね。

ただただ長生きしたい、ということとは少し違います。

気持ちよく生きるために、健康な状態を維持したいと思っています。

スポンサーリンク

実際に意識していること

で、具体的に意識したり取り組んでいることについてですが、色々実践しています。

・煙草をやめた

・お酒を飲む量を減らした

・軽く運動をするようにした

・ストレッチ

・姿勢や歩き方の矯正

・口呼吸をやめて鼻呼吸へ

・寝る前1時間前には食事はとらない

・睡眠をしっかりとるようになった(7~8時間)

ざっとですがこんなところでしょうか。

食事そのものは妻が色々と健康を気遣ってバランス良く用意してくれているのでとても助かっています。

特別なことはしてませんが、適度な運動と適度な睡眠で気持ち良く生活できています。

そんな中から今日は「姿勢・歩き方の矯正」について掘り下げて書いてみます。

結構ここは意識的に今も取り組んでいます。

健康の基礎は姿勢と歩き方にあり

健康の定義も色々ありますが、例えば身体がだるい、肩こり、目の疲れ、足の疲れ、とかそんなところの影響って「歩き方や姿勢がものすごく影響している」という事を教わりました。

きっかけは妻が通っていた加圧トレーニングにわたしも一度お邪魔させてもらった時。

トレーナーさんに自分の姿勢が悪いと指摘されました。

さらにはかなりの扁平足(へんぺいそく)でО脚(おーきゃく)、そして背筋も曲がってしまっているとのこと。

(どれも自覚はありましたが、いつからか特に治そうとも思っていませんでした。)

そしてこれらは全て「歩き方」が元凶のようです。

間違った歩き方は、少しずつ少しずつ身体に悪い影響・衝撃を与えてしまう。

実際、わたしは顎関節症気味でもあるのですが、これも間違った歩き方や歩き方の左右差が原因になっているケースが多いようです。

歩き方と姿勢を見直さないと、身体がゆがみ少しずつ壊れてしまうような気がしたので、このタイミングで歩き方、脚の構造について見直してみることにしました。

間違った歩き方を改善する

どうやらわたしは足の指を全く使えていない歩き方をしているようでした。

実際その場で足の指をグーパーグーパーしてみると、本当にびっくりするくらい動かせませんでした。

※トレーナーさんはしっかりグーパー出来ていたのでその差に愕然としました。。

・・・30歳を超えてからまさか今更歩き方について考えることになるとは。。

扁平足自体は色々な要因があるようですが、幼少期にあまり歩いたり走ったりしていなかったり、合わないサイズの靴をはいていると扁平足になりやすいみたいです。

わたしの場合は小さいころ結構走り回っていた記憶があるので、もしかすると靴のサイズが良くなかったのかもしれません。

扁平足について知らない方向けにウィキペディア情報↓

扁平足

扁平足(へんぺいそく)とは、土踏まずが無い足のことである。偏平足という表記もある。
幼児のころは土踏まずのところに脂肪がついており土踏まずが無い子供が普通である。土踏まずが形成されるのは8歳頃で、それを過ぎてもなお形成されないと、一般的に扁平足といわれる。
遺伝するが、生活習慣で治すことができる。
痛みがなければ治す必要は無いが、神経痛などを伴う場合は整形外科で診てもらう必要がある。

参照元:扁平足 (ウィキペディア)

扁平足だと足が疲れやすいんですよね。これ地味に辛いんです。。

本来土踏まずの部分がへこんでいることでバランス機能が作動し、歩いたり走ったり飛んだり跳ねたり、足にかかる衝撃を和らげてくれる効果があります。

でも扁平足の人は土踏まずがない。本来、通常の人は土踏まずが衝撃を和らげてくれますが土踏まずがないと衝撃がダイレクトに足にきます。

その結果、足も疲れやすくなりますし膝にも負担がかかるのでО脚になることが多いようです。

つまり、О脚を治そうという人はまずは扁平足、もしくは歩き方を見直していく必要があるとのこと。
そんなこんなで、今私が普段実践していることはこんなことです。

【外に出る時にすること】
・靴のインソールを土踏まず部分にクッション性のあるタイプに変える
→東急ハンズとか行くと色々売ってます。

・足指ソックスをはく

dsc_0201

(不思議な形ですが、この手のソックスをはくと足の指が使えるようになります。「笠原ソックス」とかで検索すると出てきます)

・ドタドタ歩かず、かかとから踏み足の指で地面をつかむように歩く

・胸をはって姿勢よく歩く

【家ですること】
・足指のグーパー運動をする

・股関節を伸ばすストレッチをする

かれこれ意識してから一年弱くらい経ちますが、足の指は前より使えるようになり、姿勢も変わってきました。

そして足の裏も少しアーチが出来てきました。

※「足裏アーチ」とかで調べるとわかりやすい説明がたくさんあります!

歩き方を見直し、これからもちょっとずつ姿勢そのものを矯正していきたいと思います。

О脚はなかなか状態がえぐいので完全に改善するのは難しいとのことですが、目に見えて変わったらまた更新したいと思います。

今日は健康の話から姿勢・歩き方の話でした。

ではでは~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする