吉徳の雛人形を購入/吉徳大光と吉徳雅工房の違いについて

雛人形・吉徳大光

雛人形・吉徳大光

先日、とっても大きなお買い物をしてきました。

3月3日の初節句に向けた大切なお買い物。そう、雛人形(ひなにんぎょう)です。

初節句(はつぜっく)

初節句(初節供)は、子どもが生まれて初めて迎える節句のことで、女の子は、桃の節句(3月3日)、男の子は、端午の節句(5月5日)のことをいいます。 初節句では、女の子には雛人形、男の子には武者人形などが贈られどちらも盛大なお祝いをします。

引用元:All about 暮らし 初節句はいつ何をする? お祝いとお返し マナーや相場より

雛人形は妻方の実家が購入・用意するのが主流みたいです。

これも一種の嫁入り道具という事でしょうか。

妻の両親より「雛人形買うから選んでね」というご厚意を受け、先日都内の西武で購入を終えました。

(という事で、大きな買い物といいつつ我々は一切お金を支払っていないという。。)

大変高価なものでしたので、これから大切に飾っていきたいと思います。

で、買い物の際に疑問になった「吉徳大光(よしとくたいこう)」「吉徳雅工房(よしとくみやびこうぼう)」の違いについて今日はまとめたいと思います。

スポンサーリンク

人形屋の老舗・吉徳

株式会社吉徳は、1711年創業の日本人形屋さんです。約300年の歴史をもつ老舗です。

雛人形の吉徳

ホームページを見ると、社名が「吉徳」でブランド名としては「吉徳大光」で売り出しているようです。

『♪顔が命のよ~し~と~く~♪』というCMを覚えている方もいるのではないでしょうか?

ちなみに、久月(きゅうげつ)も老舗の人形屋さんです。

久月は1862年、吉徳から暖簾分けした会社のようです。

※久月は『♪人形~の久~月~♪』というTVCMを出していたと思います。

「吉徳大光」と「吉徳雅工房」の違い→本家と監修

百貨店である西武と近くのベビーザらス(トイザらス)をそれぞれみてきたのですが、どちらも「吉徳」とあるのですが、よく見ると名前が違います。

西武では「吉徳大光」

ベビーザらスでは「吉徳雅工房」

として販売されていました。

違いはなんだ?と思いますよね。

ややこしいですが「吉徳大光」は吉徳自身のブランドです。

それに対してベビーザらスにあった「吉徳雅工房」は、吉徳監修ブランドとの事です。

つまり、「吉徳雅工房」は【吉徳監修】なので、実際の造り手は別の工場、という意味だと思います。

どちらも同じ日に見比べたのですが、監修というだけあって構造やデザインはとっても似ていました。

では違いは何か?

それは、

  1. 吉徳雅工房(ベビーザらス)の方が若干可愛らしい・トレンドを取り入れたデザイン→「吉徳大光」の方が伝統的で王道スタイル
  2. 吉徳雅工房の方が価格帯がかなりリーズナブル→「吉徳大光」は似たデザインで比べるとものによっては倍近い価格差がある

といった違いを感じました。

まずデザインの部分ですが、大切な人形のお顔はどちらも当然吉徳のテイストですが、特に屏風や台のデザインに関して「吉徳雅工房」の方が可愛い・子供向けな感じのデザインです。わかりやすく月がデザインされていたり、中にはハートのものがあったり。色目もピンク系が多い印象も受けました。新しいものでは、スワロフスキーを散りばめたキラキラしたものもありましたね。とても目を引きます。

多分、実際にお子さんに選んでもらうとなると「吉徳雅工房」の方が好まれると思います。上記のようなかわいいポイントがさり気なく入っています。

「吉徳大光」は「これぞ雛人形!」といった感じで、良い意味でトレンド性が無い分長く使える王道のデザインなのだと思います。

価格に関しては、作り手の違いと本家かどうかのブランドの差で、それなりに違いが出ています。また、トイザらス・ベビーザらスは現在約160店舗強の店舗数を構えていますので、ある程度の販売ボリュームが見込める分もリーズナブルな価格設定ができている要因なのだと思います。

価格以外にもベビーザらスでは配送料無料だったり、ポイント特典もあったりしますので普段使われている方にとっては嬉しいですね。

参考:吉徳雅工房についてはトイザらスさんが下記YouTubeで概要を紹介しています↓

https://www.youtube.com/embed/F9ooleoZX_E?rel=0

最後は吉徳大光の「三段飾り」を選びました

雛人形・吉徳大光 三段飾り

我が家の場合、何よりも最初に気にしていたのがサイズ感でした。

色々あって悩むので、サイズを絞って見に行った方がいいと思います。

どうやって選んで良いか絶対悩みます。

最初は収納飾りが良いかな~と思っていたのですが、実際にしまった場合「三段飾り」というものの方が横幅?奥行?は収まりが良いことを知り、そして飾った際の迫力もそれなりに出るのでこの「三段飾り」を選びました。

吉徳大光 三段飾り

「吉徳大光」「吉徳雅工房」で悩んだのですが、これはたまたま好みが展示してあった「吉徳大光」の方だった、という事だけですね。

価格は比べると「吉徳大光」の方がかな~りお高いのですが、細かいパーツや着物、屏風のデザインなど総合的に自分達の好みにあったのでこちらを選びました。

初節句の場合は2月4日の節分より前に出していい慣習との事で、今月家に届き次第、早速飾りたいと思います♪

という事で今日は雛人形・吉徳に関してでした。

ではでは~